LUNA心斎橋 BLOG

初診予約専用 06-6251-7500

【受付時間】月曜日~土曜日10時~17時
      ※休診日:火曜日・日曜日・祝日

2021.05.24アイライン (上下、テール付き、など)

医療アートメイク【シンプルラインとシャドウライナー】の違いについて

2021.05.24アイライン (上下、テール付き、など)

【 新型コロナウイルス感染拡大防止策について 】

当院では皆さまに安心してお越しいただくために、院内の感染対策を更に強化しております。

みなさま安心してお越しください。

新型コロナウイルス感染症の対策として、全職員の体温測定・体調確認を毎日行っています。

施術室はつねに外気と換気を行っております。さらにエアコンも併用しており、空気の淀みがないように換気の導線を意識した環境づくりを心掛けています。

事態が一刻も早く終息し、皆様と笑顔でお会いできることをスタッフ一同心より願っております。


こんにちは☀オオウエです。

本日は、医療アートメイクシャドウライナー」シンプルライン」の違いについてご紹介したいと思います

当クリニックアートメイクで人気上昇中の「シャドウライナー✨✨」

ご存知ですか??

今!海外では爆発的に人気です😍😍

世界でも大人気の「シャドウライナー」😍😍

当院では😁

いち早く2019年よりスタートしています。

実は、わたくし オオウエ

先日 医療アートメイク「シャドウライナー」の施術を受けちゃいました!!

施術を受けた率直な感想は

『みんな「シャドウライナー」やったらいいのに!?』

『絶対にお勧め〜!めちゃくちゃいいのにー!!』です👍👍👍

(関西弁ですみません🤣🤣)



【シャドウライナーとは??】

シンプルライン(テール付)+シャドウライナー(目尻にグラデーション)

✔ まつ毛の隙間を埋めるベーシックなアイライン

✔ 強調しすぎない短めテール

✔ 目尻にグラデーション(シャドウ)を入れることで目力アップ

1回目 99,000円(税込)

2回目 77,000円(税込)※1回目から半年以内適応

※診察代・処方薬別途

※他院過去修正別途

1回目施術直後

 

【シンプルラインとは??】

✔ まつ毛とまつ毛の間を埋めるように施術、ノーメイクでも自然な仕上がり

 

1回目 55,000円(税込)

2回目 44,000円(税込)※1回目から半年以内適応

※診察代・処方薬別途

※他院過去修正別途

 

【施術回数】

・アイライン 2~3回

・シャドウライナー 2回目

※アートメイクは1回の施術では完了しません。

1回目の施術後の経過を見て、2回目の施術で修正、整えていき完了させます。

 

【ダウンタイム】

・施術直後は、リキッドライナーで描いたかのように濃く発色し、お化粧感が強く感じますが、5日程度でラインの太さは1/2に縮み、シャドウは10~20%ほど残ります。

・個人差はありますが、腫れは2~3日で引きます。

・アイメイクは1週間控えていただきますので、大切なご予定などは避けて施術日をお決めください。

 

これから暑くなる季節にオススメです!!汗をかいても大丈夫!!

落ちない👌👌👌 黒くならない👍👍👍

 

すっぴんでも目ヂカラあり。

いつものメイクに少し描き足すだけで時短、さらに目ヂカラアップ✨✨

 

メイクが苦手、アイラインが上手く引けなくなったなど、ご興味のある方は、

おこもり美容のアイテムとしてご参考いただきましたら幸いです🤗🤗🤗

 

※スタッフ体験談でもシャドウライナーのご紹介しています!!

期日公開!!

スタッフ体験談 エピソード①

医療アートメイク 【シャドウライナー】  スタッフ体験談① 第2弾

 

うれしい報告です🎶🎶🎶

当クリニックの技術者 今井が、BioTouch USA 本社(カリフォルニア)より

日本人初  [4D BROW ELITE MASTER(4Dブロウ エリートマスター)]

の称号を新たに授与しました✨🎉✨🎉✨

 

[4D BROW ELITE MASTER(4Dブロウ エリートマスター)]

当院技術者 今井は Biotouch Japan🇯🇵インストラクターで、USA🇺🇸IRAN🇮🇷でも認められています。

Biotouchの技術者は世界43カ国に在籍しており

USA本社🇺🇸が、各国の技術者を1人選抜し

その中から〝指導者〟として認められた者だけに与えられる称号です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_0712-1-1024x441.jpg

 

当院 技術看護師 今井は世界43カ国以上にあるBioTouch社の Japan インストラクターです。

 

BioTouch USA 本社

BioTouch IRAN 公認技術者でもあります。

今回BioTouch USA 本社(カリフォルニア)のインスタグラムで、日本人初の症例写真が掲載されています✨💛

BioTouch IRAN(イラン)のインスタグラムにも、日本人初の症例写真が紹介されました✨💛

これは技術者にとっては、素晴らしい栄光です✨

(現在も継続的に掲載されています)

 

そして、新たに BioTouch USA 本社(カリフォルニア)から、

日本人初の4D  BROW ELITE MASTER(4D ブロウ エリート マスター)の

称号を授与しました✨🎉✨🎉✨

 

当クリニックのアートメイクインスタグラムもあり

症例写真も多数、掲載しておりますのでブログ共々よろしくお願い致します💛

ぜひフォローお待ちしております。

当院技術者は、BioTouch USAマイクロブレーディングマスターの称号を取得しています。

🏆BioTouch Japan インストラクター 看護師 今井

🏆BioTouch USA  Microblading Master ID18005 取得

🏆2021年 BioTouch Japan  Sweep Lip ELITE Master 就任

🏆2021年 BioTouch Japan(USA公認)4D eyebrow ELITE Master 就任

🏆2019年 アートメイク世界大会    審査員 (in Korea)

🏆2019年 アートメイク世界大会 審査員 (in Thailand)

🏆2018年 アートメイク世界大会 審査員 (in China)

🏆2017年 アートメイク世界大会 金メダル 受賞 (in China)

🏆2016年 アートメイク世界大会 金メダル大賞 受賞 (in Korea)

🏆2021年 BioTouch USA 本社 日本人初 4D  BROW ELITE MASTER 称号授与

日本人初の4D  BROW ELITE MASTER(4D ブロウ エリート マスター)の

称号を授与しました✨🎉✨🎉✨

2021年 6月分 予約受付中

女性医療クリニックLUNA心斎橋

☆医療アートメイク予約可能日☆

06-6251-7505

10時~17時

月・水・木・金・(土)

※初診は施術時間+30分

※お電話のみの予約となります。

担当者が不在の場合、後日こちらから折り返しご連絡致します。

お急ぎのところ大変申し訳ございませんが、予めご了承いただきますようお願い致します。

<アートメイク・パラメディカルピグメンテーションについてのご説明>

アートメイクとは、表皮と真皮のほぼ境目の皮膚のごく浅い部分に医療用のニードル(針)で染色する医療補助技術であるパラメディカルピグメンテーションの一種です。

本来、乳がん術後や各種傷痕・白斑などをカモフラージュするための技術を眉やアイライン・唇などに応用し、お化粧よりもナチュラルで自然な仕上がりになるように色を入れその状態をキープします。

アートメイク自体は痛みは少なく、数年で色が退色していきますのでお化粧の流行や廃りで後悔する事はありません。

麻酔アレルギー、極度の金属アレルギーをお持ちの方は事前にお伝えください。

(特に注射針でもアレルギーを起こす方は施術をお断りすることがございます。)

カウンセリング時にカラー、デザインを行いご納得されてからの施術となりますがカラー定着やカラー発色はその方によって異なります。

ご希望されていたカラー発色とならない場合があります。

また、1回の施術だけですと色が定着する場所や定着度で個人差が出るため、思ったデザインにならない場合があります。

そのため、2~3回の施術回数がかかることを初回時にご案内しております。

当院の価格設定は、初回・2回目以降で設定しております。

初回・2回目は、カラー・デザイン定着に時間を要するため価格を高めに設定しております。

施術後のデザイン変更やカラー変更は可能ですが、全て消すことは出来ません。

薄くする特殊な薬剤はありますが全てを消すことは難しく、その為カウンセリングでご納得頂いてからの施術となります。

カウンセリングにご納得されない場合は、施術をお断りする場合がございます。

お酒、薬などで意識がはっきりしていない方は、施術をお断りすることがございます。

妊娠中又は授乳中の施術は、クリニックの方針で行っておりません。

当院で使用しておりますカラー(ピグメント)は、一般的に皆様がご心配されておりますMRIには問題が無いと、論文も出ておりますBioTouch社製を使用しております。

冨田 祥一, 寺尾保信, 森克哉(2015).

乳輪乳頭部へのアートメイクのMRI検査における安全性(第1報)retrospectiveな検討

形成外科 2015;58(5): 54

page toppage top