LUNA心斎橋 BLOG

初診予約専用 06-6251-7500

【受付時間】月曜日~土曜日10時~17時
      ※休診日:火曜日・日曜日・祝日

2021.03.04院長ブログ

おススメ施術 モナリザタッチ その3

2021.03.04院長ブログ

みなさん、こんにちは。

女性医療クリニックLUNA心斎橋 院長の二宮です。本日は、モナリザタッチ二宮が実際施術を受けた後の感想を書いていこうと思います。

院長二宮 モナリザタッチ体験記

ということで早速、みんなが気になっているであろうモナリザタッチについて、私の体験を書いていこうと思います。

モナリザタッチいつ受けたの?

モナリザタッチと出会ったのは、もうかれこれ4-5年前になりますが、クリニックにモナリザタッチの器機が入ったころは、すぐには自分が施術する時間がなく、スタッフへの施術でしっかり練習をさせてもらいました。器械の操作自体は本当に安全で、初めての時から問題なく使用できました。

その後、何百回と患者さんに施術をしていくにつれ、自分の照射のメソッド(根拠に基づいたマル秘テクニックというか笑)を確認したかったので、30代後半で自分の勉強のために、自分で数回(3回くらいかな?)施術をやってみました

モナリザタッチを受けて効果は感じた?

30代でも充分に効果を感じることができました。

(30代っていっても30代後半ですけどね!)

どういう効果かって?

30代の私が感じたモナリザタッチの効果は、陰部の不快感の改善です。

私、どっちかというと腟は強い方だと思っていますが、その私でさえ、なんとなく、『お?これ良いんじゃん?』って思ったのです。

日常生活でのちょっとの変化ではありますが、モナリザタッチをすると、今までよりも陰部に接触する下着やズボンの不快感が感じられなくなったのです。

私は、もともと漏れありません、頻尿もありません。オリモノ異常もありません。なので、全然健康だと思っていましたが、やはり年齢相当には粘膜は衰えていたのね、と思いました。

効果についての補足

どんな施術にも言えますが、施術による効果は個人差が大きいです。すごく効果を実感する人もいる一方、まったく変わらなかったという方もいると思います。あくまでも参考としてください。

モナリザタッチ施術中の痛みについて

モナリザタッチの施術中は、半分は経皮麻酔(皮膚に塗るやつです)を、半分は麻酔なしで行ってみました。なぜって、患者さんにどのくらい大丈夫かを説明するためですよ。

粘膜部分に関しては、麻酔が効いている半分は、全く痛くなかったです。自分でも感覚が鈍っているのがわかるので、その部分はまず心配しなくて大丈夫のようです。

それから腟内もほぼ無。なにもない。痛くもかゆくもない。お腹の奥のほうで、ドアをかるくノックされている感じです。

問題は、麻酔の効いていない粘膜、皮膚。これは、まぁ、それなりに痛いです。(´;ω;`) でも大声で騒ぐ程度でもありません。ちょっと当たる瞬間に息をこらえたくなるくらいでしょうか。でも照射は1瞬ごとに次の部位に行くので、そこまで問題はありませんでした。

施術中の痛みについての補足

麻酔の効きについては個人差が大きいです特に粘膜や皮膚が痛んでいる状態だと麻酔が効きにくい感じがあります。ですので、麻酔をしたときに熱い感覚や麻酔が効いた感覚があれば痛みはかなり少ないですし、逆に麻酔を塗っているのになにも感じなかった人は、施術はそれなりに痛む可能性があります。

モナリザタッチを受けた後、つらかったこと

モナリザタッチを受けた後、つらかったこと。それはずばり、最初のおしっこです。出す途中で、刺激が強すぎて、出てる最中のおしっこが止まるかと思いました。

モナリザタッチを行った後に排尿時痛が出る理由。それは、モナリザタッチのために尿道周辺・腟の入り口も細かい傷(穴)が開いています。そこにおしっこがしみるんですね。痛いってそりゃ痛いわ。トイレットペーパーで拭くときも、やさしくポンポンってするんですが、拭いた後もおしっこが掛ったところがなんとなくじーーんってするんです。その時はお冷やしがおススメ。冷却ジェルのようなものをお股にはさんでいただくとましになります。

あんまり人には言えないマル秘テクをご紹介しますが。ちょっと汚い感じがするかもしれませんが、もし、モナリザタッチをうけて自宅でゆっくりできるのであれば、尿意があったときはトイレには行かず、お風呂場で水圧の弱いぬるめのシャワーを陰部にそっと当てながら、オシッコをすると痛みが感じにくいと思います。シャワー後の保湿(ワセリンで充分です)も忘れずに

さてて、恐怖の排尿時痛(笑)ですが、私は1回で治まりました。次のオシッコは平気でした。当日のシャワーも痛くなくて問題ありませんでした。

それから、他に困ったことと言えばモナリザタッチの照射部位によっては、本当は尿がないのに強い尿意が出る人がいます。これは、粘膜の弱さから生じる頻尿の治療のためにわざとそういった部位をねらってレーザー照射をしているので当然なんですが。でも、オシッコが溜まっていない膀胱なのに、強い尿意がでるのはびっくりしたとおっしゃっる患者さんも大勢いらっしゃいました。

最後に、オリモノの変化、または出血についてです。モナリザタッチの後はオリモノは増えます。3日くらいでしょうか、これも個人差があります。この時、照射で穴があいた腟や外陰の粘膜がしっかり修復しているのです。なので、ナプキンは使ってもよいのですが、こまめに交換していらない雑菌を増やさないようにしてもらいたいということと、オリモノが増えたからといってシャワーでゴシゴシ洗ったりしないでもらいたいということです。

施術後の困ったことに関する補足

モナリザタッチ照射後の痛みの感じやオリモノの変化は、人それぞれです。ですので、最初からまったく排尿が痛くない若い女子もいますし、3日くらいはムズムズが継続するマダムもいます。ご自身がどういう経過をとるのか、また、予想外の経過をとったときに、主治医の先生に相談できるような状態だと安心ですね。

まとめ

ということで二宮体験記を交えながらモナリザタッチを受けたあとの経過についてご説明させていただきました。

何度も書いていますが、施術する医者の技術や症状に対する理解は本当に大事。結局モナリザタッチの良い悪いはそこに尽きるといっても過言ではありません。なので、自分がきちんと信頼できる先生のもとで、やって良かったと思える施術を受けてもらいたいと思っています。

今回挙げたような施術後の経過についても、みなさんの参考になれば良いなと思って書かせていただきました。施術を悩んでいる人、施術後のトラブルで不安に感じたことのある人の参考になれば嬉しいです。

page toppage top